2010年03月01日

神社のススメ

『神社のススメ』(じんじゃのすすめ、副題「?ボクと巫女と神職と?」)は、田中ユキによる日本の漫画作品。『月刊アフタヌーン』(講談社)において2004年6月号から2006年8月号まで連載された。単行本はアフタヌーンKCから全4巻が刊行された。注意:以降の記述で物語・作品・登場人物に関する核心部分が明かされています。概要神職の資格を得るべく、神社で働く事になった青年が不思議な魅力を持つバイトの巫女の女子高生に恋をする、神社を舞台にしたラブコメ漫画。普通の日常生活の描写に徹し、よくある巫女萌え漫画のようなサイキックパワーや悪霊退治のようなSF要素は一切ない。作者が神社に勤めていたこともあり、外からでは分からない「神社」という職場の厳しい現実と、巫女たちに囲まれた楽しい(?)生活がリアルに描かれている。ただし、権禰宜と巫女長が茶髪だったり、権宮司が宮司に喧嘩を売ったり、神職が巫女の前でおどおどするなど、現実ではありえない描写もされている。主な登場人物里見 信二郎(さとみ しんじろう)大神社の宮司の次男。初登場時、24歳。母の実家は宮内庁勤務。舞が得意で、國學院大學卒業後は雅楽会に入るつもりでいたが、神職にさせたがった祖父と母に阻まれて果たせず、舞の講師をしていた。跡継ぎの兄が失踪したため、どうしても実家の神社を継がなければならなくなり、神職になるために、観光地でもある神下神社に出仕として奉職することになった。ちなみに、過去に付き合った3人の女性はいずれも女子高生である。真鍋 千穂(まなべ ちほ)信二郎が一目惚れしたバイトの巫女。初登場時、高校1年生。占いや手相見の達人で、人の顔を見ると相手の心まで分かる超能力を持つ。皆には内緒にしているが、実は寺の住職の一人娘で、寺での人生相談やホームページの作成を担当している。奥村(おくむら)宮司。出張が多く、神社の運営は権宮司に任せっきり。息子は別の神社に奉職中。新田(にった)権宮司。信二郎の父の友人。神社経営をビジネスと割り切って辣腕を振るい、営業活動に力を入れている。娘を大神社の跡取りに嫁がせるのが夢。菅野(かんの)禰宜。婿養子で妻に頭が上がらず、スナックのホステスに入れあげている。俵(たわら)権禰宜。初登場時、39歳。神社と狛犬の大ファン。地鎮祭で出会った妻と共働き。気仙沼(けせんぬま)権禰宜。初登場時、29歳。大神社の一人息子。

<プルサーマル計画>伊方原発3号機で送電開始へ(毎日新聞)
比較的速い判断=トヨタのリコールを評価−経産相(時事通信)
【土・日曜日に書く】論説委員・石川水穂 中国への歩み寄りは無意味(産経新聞)
シー・シェパード メンバー刑事処分を協議へ 調査船侵入(毎日新聞)
<飲酒運転理由>元教諭の懲戒免取り消し確定 最高裁(毎日新聞)
posted by ナガサキ マサノリ at 21:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。