2010年06月03日

最高100万円超も=処分家畜の補償で基準―宮崎県(時事通信)

 宮崎県は2日、口蹄(こうてい)疫問題に絡む畜産農家への損失補償に関し、処分された家畜の時価評価基準を公表した。肉用牛、乳用牛、豚などを生育段階で分けて一定の基準価格を定めた上で、血統などの付加価値を加味し具体的な補償額を決める。肉用牛の場合、最高で1頭100万円を超える可能性がある。
 県は評価に必要なデータの収集を市町やJAなどの協力を得て同日から開始した。対象は感染の疑いで殺処分された(予定を含む)か、ワクチン接種済みの家畜を合わせ約28万頭。 

【関連ニュース】
ワクチン費用、国が負担=口蹄疫で宮崎訪問
〔写真特集〕口蹄疫 宮崎牛に大きな被害力
〔用語解説〕「口蹄疫ワクチン」
〔グラフィックス〕口蹄疫で殺処分の対象となった家畜の累計頭数
反対農家除き終了=ワクチン接種

「まさか帰って来はるとは」 出征した兄の遺骨、68年ぶりに日本へ(産経新聞)
<野ヤギ>被害に即応、無許可で駆除可能に 鹿児島・奄美大島を構造改革特区へ(毎日新聞)
元警部補ら 放置車両を無断廃棄 知人業者に依頼 大阪府警、書類送検へ(産経新聞)
罷免「一切考えていない」=首相―普天間移設(時事通信)
昨夏から資金繰り悪化か=従業員給与支払い滞る―200億流れ解明へ・岡本ホテル(時事通信)
posted by ナガサキ マサノリ at 20:11| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。