2010年04月23日

「心境さわやか」舛添氏、午後に離党届提出へ(読売新聞)

 自民党の舛添要一・前厚生労働相は22日午後、矢野哲朗・元外務副大臣とともに自民党本部を訪れ、離党届を提出する。

 23日午後に都内で記者会見し、新党旗揚げを正式発表する。

 舛添氏は22日朝、都内の自宅前で記者団に、「雨が降っているけど、さわやかだ」と心境を語った。その後、国会内で、同日中に離党届を提出する考えを表明したうえで、新党結成について、「いったん(自分が)改革クラブの中に入り、これを新党に変える形の手続きになる」と語った。また、参加議員について、「少なくとも5人以上の国会議員がそろわないと政党ではない。選挙を戦うことになれば、きちんとした政党を持つ必要がある。もっとメンバーは増える」と強調した。

 参院選への対応については、「広く一般から(候補者を)公募して、私たちが審査して、適格ということになれば、公認して全面的に支援したい」と述べた。

 新党には、舛添、矢野両氏のほか、自民党に離党届を提出した小池正勝参院議員、改革クラブの渡辺秀央、荒井広幸、山内俊夫の各参院議員の計6人が参加する見通しだ。

 新党結成に動いた舛添氏に対し、自民党は反発を強めている。同党の大島幹事長は22日朝、党本部で記者団に、「我が党議員を(新党に)勧誘する行為は、党の規律を乱す行為で、断じて見過ごせない。政党政治家のあるべき道として、議員辞職して、党に議席を戻し、(新党に)参画すべきだ」と述べ、舛添氏を批判した。

 一方、先に自民党を離党した無所属の鳩山邦夫・元総務相は22日、都内で記者団に「舛添新党」への自らの参加について、「今のところ、そういう考えはない。無所属で、自由な立場で大同団結に力を注ぎたい。大本命(舛添氏)が動き出したということは、日本の政治が変わる地殻変動の序曲が始まったと思っている」と語った。

<口蹄疫>宮崎で牛3頭感染の疑い 牛・豚の移動自粛要請(毎日新聞)
JR脱線事故 救急隊長が医師らを前に講演(産経新聞)
事業仕分け 第2弾は47独法 JICA、入試センターも(毎日新聞)
恒久減税、議会に再提案=「1年限定」改正求める−河村名古屋市長(時事通信)
ニコン、新「COOLPIX」の一部カラーモデルを発売延期
posted by ナガサキ マサノリ at 17:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月20日

明るい色彩で描く「重さ」 “異色アーティスト”O JUN(産経新聞)

 異色アーティスト、O(オウ) JUN(ジュン)(昭和31年生まれ)が、いま注目を集めている。最近では大阪の国立国際美術館の「絵画の庭−ゼロ年代日本の地平から」や、東京の国立新美術館の「アーティスト・ファイル2010」などの展覧会に出品。現在、東京で個展も開催され、不思議な絵画世界を見せている。(渋沢和彦)

                   ◇

 東京・市谷田町にあるミヅマアートギャラリーで開催されているO JUN展。入り口付近の壁面に奇妙な1枚の絵が掛けられている。「街」という作品。何が何だか判別できない物の断片があふれ、ぐちゃぐちゃに積み重なる。全体がピンク色のやさしい色彩に包まれているのに対し、画面に塗られた油絵の具は激しいタッチを残す。

 津波をモチーフにした作品だ。平成16年末のスマトラ島沖地震でインドネシアを襲った津波の映像は衝撃的だった。建物が押し流される恐怖のシーン。それがモチーフだろうか。O JUNは、モチーフに対する思い入れはなく、しばしば新聞やテレビで見たものが選ばれる。が、観る側は明るい色彩と事物をあいまいに表現した奥に恐怖を感じてしまう。

 また、「山の人生」という題のドローイングもある。意味不明な記号やマークのような形はクレヨンやパステルで描かれた。作者は柳田国男の『山の人生』に大きな影響を受けたという。山で生きる人々の生活を記録した本書には、胸を打つ悲しい話が記されている。単純化した無表情の形がある一方で、赤いパステルで描いた山脈などの風景は情念を潜ませたように見える。

 O JUNとはなんとも奇妙な名だろう。本名は非公開にしているが、近年は注目の人気作家。東京芸大で油彩を学び、バルセロナやデュッセルドルフで活動。現在は東京芸大准教授としても活躍している。

 国内外から7人の旬のアーティストの一人として選ばれた「アーティスト・ファイル2010」(国立新美術館、5月5日まで)では、1室の壁面を100点ほどの絵画で埋め尽くした。壁面から押し寄せる大小さまざまな絵画は圧巻で、作家のパワーにさらされる。

 国立新美術館の宮島綾子主任研究員は本展テキストで、「切ないほどにリアリティーを放つ平らな光景を、わたしたちの目の前に開いてくれるのではないだろうか」と解説する。

 一見、明るい色彩を多用しフラットに描いた作品は楽しそうに見えるが、社会性や思想などを秘めたリアルさを持ち、深くズシリと重い。ミヅマアートギャラリーは24日まで開催(日月曜休)。

大丈夫? 運動も勉強も「何もしない」高校生多数(産経新聞)
官房長官、高速上限制度反対は「理解に苦しむ」(産経新聞)
福岡のふ頭近くの海に人の胴体、殺害女性か(読売新聞)
助産所の第三者評価を開始(産経新聞)
アパート火災で2人死傷 東京・足立(産経新聞)
posted by ナガサキ マサノリ at 05:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月13日

首都高速と阪神高速の通行料金 普通車500〜900円に(産経新聞)

 国土交通省は8日、現在は定額制の阪神高速と首都高速の通行料金を、走行距離に応じて、普通車で500〜900円程度、大型車で1000〜1800円程度とする方針を固めた。近く両高速道路会社など関係自治体との調整に入るが、移行は6月以降になる見通し。

 現在の料金は、阪神高速阪神東線や首都高速東京線が走行距離に関係なく普通車700円などの定額制となっている。短距離で利用する人には値下げに、長距離の利用者には値上げとなる。

 国交省は阪神、首都以外の高速道路には6月から走行距離が長くても一定以上の通行料は徴収しない上限制を導入する方針。

【関連記事】
GWの高速道渋滞予測 旅は忍耐…10キロ以上444回
高速料金、実質値上げ? 割引サービスが次々消滅って
21年度の瀬戸大橋線の利用が過去最低 高速割引などが影響
環境未来都市へ、4地域で次世代送電網の実証事業 経産省が選定
マニフェスト「優先順位」浮上 財源難で苦肉の策

小学生が“本場の音色”を堪能(産経新聞)
<ニュース1週間>日米密約認め、国に文書開示命令/山崎さん、宇宙へ(毎日新聞)
ガマガエル 国内初の飼育下繁殖に成功 井の頭自然文化園(毎日新聞)
3歳女児意識不明、母「カッとなって」落とした(読売新聞)
自民・園田氏、谷垣総裁に離党届提出(読売新聞)
posted by ナガサキ マサノリ at 15:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。